新着情報

ハートスマイルマッサージ

2022/02/01 >>多摩営業所移転のお知らせ

多摩営業所移転のお知らせ

 

この度、多摩営業所は令和421日より下記住所に移転することとなりました。

 

移転先住所 :〒214-0021 川崎市多摩区宿河原4-25-37-1

電話/FAX:変更はございません(電話044-819-4098 FAX044-819-4458

※変更日 令和4年2月1日〜


これを機に社員一同 心機一転 より一層業務に励む所存でございますので、何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

2022/02/01 >>【肩こり・頭痛だけじゃない!血行改善に効くツボ『肩井(けんせい)』】
2月は、節分や立春を迎え、暦の上では春の始まりとされていますが、
まだまだ厳しい寒さが続いています。寒さで体が縮こまり、
筋肉が硬くなってしまい、肩こりや頭痛に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

今月は、そんな肩・首の症状改善にとっておきのツボ『肩井(けんせい)』を紹介します。

【名前の由来】
『肩井』は、文字通り肩にあり、刺激をすることで井戸のようにエネルギーが湧き出ることが名前の由来になっています。

【効用】
肩周りの血行を良くする効果があるため、肩・首のこりはもちろん、頭痛、歯痛、寝違い、眼精疲労にも効果的です。
さらに、全身の血行も良くするので、高血圧や冷え対策になるほか、眠りの質も高めてくれる優れたツボです。


【ツボの場所】
首と肩先の真ん中あたりで、押すとズーンと重だるい感覚が起きます。

刺激の方法は、中指または中指を中心とした指をツボに当て、皮膚に垂直になるように押します。
蒸しタオルなどを当てて、温めるのも効果的です。

寒い時期の体だけでなく、日頃の座り仕事で疲れた体も癒してくれますよ!
是非お試し下さい!


2021/12/29 >>年末年始のお知らせ
本年もご利用いただきまして誠にありがとうございます。

「ハートスマイルマッサージ」では、誠に勝手ながら

2021年12月30日(木)〜2022年1月3日(月)

年末年始休業とさせていただきます。

寒さも一段と厳しくなっておりますので、お身体に気をつけていただきお怪我の無いよう、よいお年をお迎えください。 
2021/12/01 >>風邪予防対策に効果的なツボ 『風門(ふうもん)』

12月に入り、朝晩の冷え込みがいよいよ厳しくなってきました。

今月は、風邪予防対策として背中にあるツボ「風門(ふうもん)」をご紹介します。


【ツボの場所】

ツボの場所は、首を前に倒したとき、首の付け根の後ろ(肩のライン)に大きな出っ張っている骨があります。

そこから下へ、突起した骨の二つ目から、指2本外側。


名前の由来】

「門」は出入口の門戸という場所、「風」は風邪を意味し、風邪が侵入する門となっているため「風門」と呼ばれています。

読んで字のごとく、風邪が侵入する入口なので、この門を温めて熱で塞ぐことで、風邪の予防、悪化を防ぐ効果があります。


【効用】

発熱、悪寒、頭痛、首や肩のこり、嘔吐、めまい、腰背部痛など様々な症状に効きます。

特に「今日は寒いな…」と感じたら、このツボに使い捨てカイロを貼っておくことで、風邪の予防になります。

この「風門」から邪気を入れない、入ってしまったら外へ出す、ということがポイントとなります。


使い捨てカイロで温める以外にも、このツボに鍼、お灸で温めたり刺激することが効果的です。

風門を活用して12月も元気な体で過ごしましょう。

2021/11/01 >> 腰痛、膝痛、坐骨神経痛、足のむくみに効果的なツボ『委中(いちゅう)』

11月に入り、随分と朝晩が冷え込んできました。

寒くなると「膝や腰が痛くなる」という方が、少なからずおられます。


今月は、腰痛、膝痛に効果的なツボ「委中(いちゅう)」をご紹介します。


名前の由来は、「委」は、ゆだねる、屈する、「中」は真ん中を表し、膝を曲げた際の

真ん中にあるツボということからこの名前がつけられました。


このツボは、背中や腰の痛みに効果があり、

ギックリ腰、坐骨神経痛、膝の痛み、足腰のだるさや足のむくみにも効きます。


また、委中は膝周辺に炎症がある時や、ぎっくり腰などの腰の炎症時にも無理

なく使えるツボでもあります。

さらに、委中の下には腰に繋がる神経があり、鍼灸の古典医学では

「腰背(ようはい)は委中に求む」と記されています。

つまり腰痛改善にとても有効なツボと昔から言われてきました。

また、委中は刺激することで、血液循環が良くなり老廃物を体の外に排出してくれる役目があります。


このツボに鍼やお灸だけでなく、指で押してあげるだけでも良い刺激になります。

座りながら容易に押せるツボで、腰痛の自覚症状がなくても、長時間座りっぱなしの方は、足のむくみにも効果的です。

押したり、温めたりして11月も元気な体で過ごしましょう。

 

2021/10/01 >>肩や腕の痛み、腸や粘膜に関係する万病のツボ『手三里(てさんり)』

秋もすこしずつ深まり、過ごしやすい気候になりつつあります。

今月は、肩や腕に痛みや違和感のある方にお勧めの肘のツボ

『手三里』をご紹介します。


場所は、ヒジを曲げた時にできるシワに人さし指をおき、手首側に向かって指3本。

薬指があたっていてグーを握ると筋肉が盛り上がるところです


名前の由来は、「三」は、東洋医学でいう天の数で幸運の数、「里」は、

気、血の集まるところや、稲の意味があり、稲は食料であることから、

胃腸の病気によく効くとされています。


ツボの効用としては、胃腸の働きを整えて不快な症状を解消してくれる

他、首、肩、腕、肘などの痛みやコリ、寝違い、だるさなどにも有効、

不安を和らげ、精神安定にも効果的です。


また、東洋医学では、大腸と関係するツボ(手の人差し指から始まり、

腕、肩、喉、鼻の横まで繋がる経絡=ツボの流れ)で、鼻や喉の症状

など「粘膜系に効果的なツボ」でもあります。腸や粘膜に関係する

という意味では、感染症対策としても期待できるツボと考えられます。


このツボに鍼やお灸だけでなく、指で押すだけでも良い刺激になります。

押したり、温めたりして、10月も元気な体で過ごしましょう。

2021/08/11 >>2021年夏季休暇のお知らせ

誠に勝手ながら、8月11日(水)〜8月15日(日)までの期間を休診させて頂きます。
8月16日(月)から通常通り営業いたしますので、どうぞよろしくお願い致します。

2021/08/09 >>【自律神経を整える】首、肩コリ、眼精疲労、血圧にも効くツボ 『天柱(てんちゅう)』

8月に入り、立秋とは名ばかりの暑い日が続いています。

今月は、首、肩コリ、頭痛、目の疲れや自律神経を整える働きがあり、

心身の様々な症状を和らげることが出来ると考えられているツボ

「天柱(てんちゅう)」をご紹介します。


このツボの由来は、天は頭部、柱は支えることを意味します。

この場所は、頭と体を結ぶ血管や神経が多く通り、頭と体を結ぶ大切な

場所ということから名付けられました。


ツボの効用としては、首周りの筋肉の血行が促進されるため、首や肩コリ、

眼精疲労、慢性鼻炎、血圧安定、顔のむくみにも期待できます。

特に自律神経系統のアンバランスは、首の後ろや後頭部に現れることが

多いので、首の後ろの血行を良くし、コリをほぐす事が、自律神経失調症の

症状の緩和に有効な方法の一つです。




このツボに鍼やお灸だけでなく、蒸しタオルを利用して温めるのも

効果的です。

押したり、温めて8月も元気な体で過ごしましょう。

2021/07/01 >>【頭のてっぺん!多様な効果が期待できる重宝なツボ 『百会(ひゃくえ)』】

7月に入ると、暑さが日ごとに加わってまいります

今月は、全身の調子を整える頭のツボ「百会(ひゃくえ)」をご紹介します。


「百(多数)の経絡(気血の流れる通路)が会する(集まる)場所」で、五つの経絡とつながっています。

つまり百会を刺激すると、これら五つの経絡が支配する内臓や筋肉、神経、血管、リンパなどに広く働きかけることができるため、多様な効果が期待できる重要なツボです。


ツボの効用として、頭痛、耳鳴り、めまい、目の充血、鼻づまり、抜け毛など頭部の症状から、

胃下垂や痔といった消化器の症状、高血圧等の循環器系の症状、神経や精神的ストレスの症状にまで、幅広い効果があります。


このツボは、指で押してあげるだけでも良い刺激になります。

百会を押して体調を整え、7月も元気な体で過ごしましょう。

2021/05/02 >>胃腸の状態機能をUPし、免疫力を高めるお腹のツボ『 天枢(てんすう)』
5月になり風薫る季節となりました。
時期はゴールデンウィークもあり、食べ過ぎや飲み過ぎにより胃腸が弱ってしまった方もおられるのではないでしょうか。

今月は、お腹のツボ「天枢(てんすう)」をご紹介します。 

「天」は上部を指し、「枢」は枢軸・かなめという意味。
昔は、臍(へそ)を中心にお腹を上下に分け、臍より上を天、臍より下を地に対応させて考えていました。
このツボは、臍のすぐ横にあり、胃腸の気の機能を左右するかなめであることから「天枢」と名付けられました。

ツボの効用としては、
内臓機能を高めて全身の調子を整え、免疫力を向上させます。
吐き気、嘔吐を伴う慢性胃炎や、お腹の張り、下痢や便秘にも効果があり、ダイエットや美肌効果にも繋がります。
顔にする鍼(美容鍼)とともに、このツボを使うことが多いです。

このツボは鍼やお灸だけでなく、指で押してあげるだけでも良い刺激になります。

押したり、温めたりして5月も元気な体で過ごしましょう。

ページの先頭へページの
先頭へ